カテゴリー「マラソン・ランニング・トレッキング」の3件の記事

2017年1月14日 (土)

トレッキングシューズ adidas SWIFT R GTX (スウィフト R ゴアテックス)

adidas SWIFT R GTX スウィフト R  ゴアテックス AQ3208

しばらく別の靴を履いていたのですが、アディダスに戻ってきました。
履いていて安心感もあるし、デザインも好きです。
 
アディダスは少し横幅が狭く、ワンサイズ大きめが良いと思います。
これは0.5cmアップですが、
いきなり厚手の靴下を履くとなると初めから28.5cmでも良かったかもしれません。
TERREX FAST Rの廉価版ですが、それなりのお値段がします。
 
簡単に比べる訳にはいきませんが、
昔の型は安かったのになあと少し残念でもあります。
でも、買っちゃうんですよねえ。
 
幅が狭くゴアテックス素材もあってか、結構ぴっちりでした。
4Eの靴なら27.0-27.5cmでも普通に履けたりするので、
メーカーやシリーズによるサイズ感の違いがあって通販では買いづらかったりしますね。
 
雪道での感想ですが、
 
しっかりグリップしてくれてある程度アイスバーンに雪が降ってきた路面でも大丈です。
かかとからの着地も問題なくできます。
ただ、これが"TERREX FAST R"だとかかとの負担が楽になるのかなと思ったりも。
 
そして、
久しぶりに履いてみて気づいたのですが、
ゴアテックス素材で動きが悪いのか、
かかとが抜けやすそうな感覚があります。
私自身が足の甲高なので、しっかりヒモをレースアップして履きたいと思います。
 
 
Cimg7357 Cimg7350 Cimg7351 Cimg7352 Cimg7353 Cimg7354 Cimg7355 Cimg7356_

2012年8月22日 (水)

「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」買うてから 山登りのはじめ方

以前、「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」を購入(その時の投稿へのリンクしましたが、雑誌『BE-PAL』を元に「山登りの靴や代表的な装備ってどうなるの?」ってことで、「Terrex Fast X Gtx」でどこまでできるんだろうということと、山登りにもTPOがあるでしょうから「そんな装備で大丈夫か?」と言われないための基礎知識の勉強編①。

 ★ほぼ個人的なメモですすみませんm(__)m

◆バックパックとシューズ◆

<低山日帰り>
1、バックパック20L
2、ローカットシューズ

日帰りの登山ならば荷物は軽く、歩行時間も短い。特に低山の歩きやすい登山道では、ハイカットのブーツではなくスニーカータイプの山用シューズも使える。バックパックの大きさは、絶対に必要なものが入ればいいので、20Lあれば十分
『BE-PAL 9月号』より

私の今回買ったものはここになりますね。基本日帰りや近くの温泉でも入って帰ってくる事になると思うので、基本装備はシンプルにしたいです。でも、いざ考えてみると、日帰りでも相当色々なパターンがありそうです。靴以外の装備をどうするかが重要なのかも? 『BE-PAL』とか『ネイチャートレッキング』とか靴以外の装備や食事に対しての特集が多いですよね。

 

<一泊二日小屋泊>
1、バックパック30L
2、ミッドカットシューズ

 

<一泊二日テント泊>
1、バックパック60L
2、ハイカットシューズ

_

2012年8月11日 (土)

「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」買うてみた。

「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」
adidasのトレッキングシューズ “Terrex Fast”シリーズです。

【追記 2015/04/21】
《アディダス トレッキングシューズ チャート》お役立ち!
視覚的にわかるチャートです。
もうラインナップがだいぶ入れ替わってるんですねえ。
 
 【追記 2017/01/15】
 adidas SWIFT R GTX スウィフト R  ゴアテックス
 

アマゾン検索“adidas Terrex

 

 

アディダス公式"TERREX FAST"シリーズ検索結果

“Terrex Fast R GTX
“Terrex Fast R Mid GTX

“Terrex Fast X Mid GTX”
“Terrex Fast X Mid GTX W”(女性用) 素早い動作や過酷な冒険を想定して設計
“Terrex Fast X FM GTX”

Terrex Fast R
すばやい山行をサポートするmen's adidas Terrex Fast R。 優れたグリップ力を発揮するTRAXION™アウトソールとContinental™ラバー採用。新しい3D FORMOTION™ユニットを取り入れた路面との距離を縮める構造が、荒れた路面でも高い安定性をもたらす。

Terrex Fast X Mid Gtx
素早い動作や過酷な冒険を想定して設計されたのが、adidas Terrex Fast X Mid GTX。透湿性のあるGORE-TEX®メンブレンで非常に高い耐侯性を実現。 軽量、ミッドカットのこのハイキングブーツには、路面に食らいつくTRAXION®アウトソールやFORMOTION™のクッション性も装備。

Terrex Fast X Gtx
優れた透湿性を発揮するGORE-TEX®メンブレンを採用したadidas Terrex Fast X GTXは、
ハイペースのアウトドアスポーツでも、雨風をしっかりシャットアウト。 順応性の高いFORMOTION™のクッション性と、スピードが要求される山行で確かなグリップ力を発揮するTRAXION®アウトソールを装備。軽さとテクノロジーを追求したハイキングシューズ

↑点線内アディダスHPより

今回の Terrex Fast X GTX は舗装道路ではなく多少の悪路をハイペース(トレイル・ランニング)で進むためのシューズといった位置づけだと思います。山登りや整地不十分ぬかるみにハマる危険や足首にまで負担がかかるような高負荷を想定するならば Mid 。スピード重視で更なる安定性を求めるならば Rシリーズ へとステップアップすることになるのでしょう。私的にはあくまで悪路や雨天を想定しているだけなので、X で十分かと。

Kc3x0003 Kc3x0006 Kc3x0014 Kc3x0015 Kc3x0011

・さっそく履いてみたのですが、夏場熱いアスファルトに食い込むようにしてグリップしてるので、問題ありません。

・今回28.0cmを購入しましたが、靴の横幅はシャープなので、履き始めに若干きつく感じるかもしれません。私は脚の大きさとしては27.5cmでもはけるのですが、足の幅が太めなので0.5cmアップで購入しています。それでも初めキツめだなと感じました。

・靴底のクッション性は低い(あくまでアスファルト路面でのランニングシューズと比較して)ので、こちらも注意が必要です。ランニングシューズのように整地された路面を走るというよりも“山道を走る”事に重点を置いてあるので、クッション性よりもグリップ力や足裏を凹凸から守る事を重要視した素材と形状だと思います。


Kc3x0013 ↑今履いているランニングシューズとはパターンの形状も材質も違いますね。
「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」のほうが固い素材で簡単には磨り減らなそうです。歩いた感覚としては夏場ということもあるのでしょうが、突起がアスファルトに食い込んでいく感覚でした。ランニングシューズに比べると一般道では疲れやすいと思います。ただし、本来の使い方である山道や岩では今回の靴のほうが当然グリップ力は大きく磨り減り度合いも少ないいでしょう

Cimg0498 Cimg0499

 関連投稿→「(アディダス)adidas Terrex Fast X Gtx」買うてから 山登りのはじめ方

_↓楽天 もうMID しかないようです。 その他 FAST R

_↓Amazone検索「adidas Terrex Fast

_↓Amazone検索「adidas Terrex Fastr


★私がTerrex Fastシリーズを知った記事です。
 『Best Gear 9月号』p.139 一部のみ。
 
 「Terrex Fast R Mid GTX」がメインの記事で、
  バリエーションとしてローカットも紹介されていました。

Kc3x0008_

「FORMOTIONテクノロジー」


 

「adidas Outdoor - Terrex Fast R Mid GTX」

 

Twitterほか

  • 楽天市場
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アマゾンプライム
  • Gamboo(ギャンブー)
    デルカへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ