« 2014年版ダイアリーちらほら | トップページ | サファリ・アルスター と ペリカーノ・th.INK どちらが好きですか? »

2013年8月10日 (土)

『Mono Max 9月号』 2013年 付録:コロンビア スプーン&フォーク付き マルチツール

『Mono Max 9月号』 を購入しました。
 今回の付録は〈コロンビア スプーン&フォーク付き マルチツール〉

_

↑公式

雑誌公式ページ→ http://tkj.jp/max/

9機能。なによりスプーンとフォークが分離可能なのが雑誌付録としては斬新です!
最近のスプーン・フォークが付録といえば『Fielder vol.9』でしたが、あちらは携帯性重視であったのに比べこちらは機能重視ですね。

Cimg1797 Cimg1801 Cimg1802表紙と目次です。特集「価値ある安いモノ200!」

Cimg1799別冊「G-SHOCK&SUUNTO」

☆さて、付録は・・・ 

Cimg1805 1.スプーン 2.ランヤードリング 3.缶の穴あけ 4.魚の鱗取り 5.針はずし
6.フォーク 7.コルク栓抜き 8.栓抜き 9.缶切り

Cimg1807 Cimg1808 Cimg1809

Cimg1810 Cimg1830 Cimg1812 Cimg1815 Kc3x0017

パカっとわかれます。雑誌の付録でこんな機構見たことがなかったので新鮮です。
★開くにはスプーンとフォークを出した状態で、スプーン側を持ってフォークに押し出すようにします。両方出さないとロックが掛かっているので外れません。

 

Cimg1817 Cimg1818スプーンの大きさはちょっと小ぶりでティースプーンくらいです。Fielderの付録と比較するとちょっぴり小さめ。

Cimg1819フォークはFielderよりも使いやすそうです。

Cimg1820Fielderの付録の方は89gですが…

Cimg1821 Cimg1822 Cimg1823 ↑MonoMaxは トータル83g スプーン側46g フォーク側36gでした。

機能を詰め込み分割するギミックは面白いですね。しかも意外と軽かったのには驚きでした。

_★_

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

_

« 2014年版ダイアリーちらほら | トップページ | サファリ・アルスター と ペリカーノ・th.INK どちらが好きですか? »

Fielder 笠倉出版」カテゴリの記事

ツール・ガジェット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550020/57963400

この記事へのトラックバック一覧です: 『Mono Max 9月号』 2013年 付録:コロンビア スプーン&フォーク付き マルチツール:

« 2014年版ダイアリーちらほら | トップページ | サファリ・アルスター と ペリカーノ・th.INK どちらが好きですか? »

Twitterほか

  • 楽天市場
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アマゾンプライム
  • Gamboo(ギャンブー)
    デルカへ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ