« テスト | トップページ | 『ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』 »

2012年2月27日 (月)

県民性に関する本たち

この前の『プレジデント(PRESIDENT) 2012.3.5号』では県民性特集でした。

オススメ度:★★★

この他、県民性絡みのほんをいくつか紹介します。

『県民性の日本地図』武光誠著

出版社/著者からの内容紹介:全国が均一化する中でも、各地方独自の気質は残っている。"お国柄"はどのように作られたのか。歴史学の成果をもとに考察する。

内容(「BOOK」データベースより):「おクニはどちらで?」「○○県です」「ホォ、努力家で働きものの多いところですなァ」―そんな会話がいまも交される。全国が均質化される中でも、それぞれの地方の特性、特有の気質は根強く生きているようだ。その特性はいかに形づくられたのか。縄文・弥生から江戸時代の藩、近代以降に至る長い歴史の中に、地域性の由来をさぐる。

オススメ度:★★★★

『日本地図から歴史を読む方法』武光誠著

出版社/著者からの内容紹介:江戸が大都市になる前の意外な姿、古代より栄えた瀬戸内海航路と港の消長、日本文化の真相が解ける照葉樹林の分布…など日本地図にスポットを当てて我が国の歴史をとらえ直したベストセラーの待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより):武蔵野の辺地になぜ大都市「江戸」が誕生した?京都盆地に都が栄えた地理的事情とは?日本史の「なぜ」を地図で解き明かした話題の書。

オススメ度:★★

『爆笑!いまどきの県民性』日本博学倶楽部著

内容(「BOOK」データベースより):「結婚式費用が一番高い福島県民は義理堅い!?」「置き薬のおかげで、保健医療費が少ない富山県」「友だちの代わりに告白してあげる人が多い山口県」…本書では、最新の統計データから見えてくる県民性を、徹底的に大解剖。県民自身も知らなかった意外な事実や驚きの気質がわかる!人間関係の潤滑油に、商談のネタに、地域活性化のきっかけに、と使える情報が満載の一冊。

オススメ度:★★★

『うちのトコでは』もぐら著

内容(「BOOK」データベースより):あなたの県はどんなキャラ?県民性ネタをマンガで擬人化。読みごたえたっぷり288ページの大ボリュームでお届けします。

オススメ度:★★★

47都道府県のウワサ』谷口一刀

内容紹介:北海道の人は深呼吸すると鼻の穴がピタッと塞がる、長野の人は昆虫を動くおやつだと思っている、大阪の人はオレオレ詐欺に「ダレダレ?」とボケる、大分の人は学校の社会科見学で信号機を見に行く、などなど47都道府県のウワサをイラストとともに明るく紹介します。おもわず大爆笑の「日常風景の噂」、「食べ物の噂」、「土地柄の噂」「これを言ったらホントにやばい禁句」が満載です。

内容(「BOOK」データベースより):各県の噂と噂に対するコメント、証明写真やイラストで解説。

オススメ度:★★

Img_00012

Img_00022_2

___________________________________

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

« テスト | トップページ | 『ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550020/54091753

この記事へのトラックバック一覧です: 県民性に関する本たち:

« テスト | トップページ | 『ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』 »

Twitterほか

  • 楽天市場
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アマゾンプライム
  • Gamboo(ギャンブー)
    デルカへ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ