« 県民性に関する本たち | トップページ | ペンも色々 »

2012年2月28日 (火)

『ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』

ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』(メーカー公式リンク

スーパーにて購入です。

 Amazonの検索(エナージェルユーロ)

Kc3x0024

ヨーロッパで愛用されている

ヨコ書き、速記に強い

ほうほう、どんな感じなのでしょう。

Kc3x0031▼まずは外観から。
 
 

▼スリットが入ったような面白い形ですね。
キャップ式なので、評価はノック式と違った感じになってくるかな?

 

 

 

Kc3x0032▼キャップの先には035の文字シンプルですが、ますますかっこいい(笑)

 

 

Kc3x0030▼柄の部分もシンプルで多少テーパーがかっていますが、円筒のままで凹凸はありません。
 

 

 

▼インクは黒ですが、青ラメの柄いいですね。
確かに日本的ではなくてなんだかファッションモード。

 

 

Kc3x0035▼ペン先もシンプルですが、持つ部分は硬質ゴムで一見うまく握れなそうですが、波模様に凹んだスリットが滑り止めになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼書いた感想ですが。インクフローが良いと細字といっても他社と色々違うタッチになるのかもしれないですね。染み込ませながら書くようなペンの走りになり、普通のボールペンというよりも万年筆に近いイメージです。ボールペンで比較すると、“uni Signo”はカツカツとした書き心地で、インクが書いているそばから紙にしみるようなことはありません。ですが、このエナージェルユーロはどんどん染みていくような感覚です(もちろん相手の紙質によるところはあると思います)。あとは、線幅は0.35となっている通りに、0.28mmの“uni Signo”や0.3mm“パイロット ハイテックCコレト”などに比べると、インクの滲みるぶんも加味してわずかに太めです。

 

 

▼このボールペンは「普通の細字ボールペンでカリカリ・カツカツと書くのはあまり好きじゃないが細い字を書きたい」と言ったニーズに答える一本です。

▼そして、ゲルインクゼブラ SARASAメーカー公式リンク)”の細字版が欲しい。そんな方には良いのではないでしょうか?

▼このペンの問題点としては、あえて言うならば使い捨てでそのデザイン上インクの残りが見えません。インクの出が良いだけにいつの間にかもう無くなるなんてこともあるかもしれませんね。

▼定価も170円税抜と“uni Signo”が150円税抜であることを考えるとちょっと高めかもしれません。

Kc3x0002

 

___________________________________

« 県民性に関する本たち | トップページ | ペンも色々 »

ボールペン」カテゴリの記事

紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550020/54099231

この記事へのトラックバック一覧です: 『ENERGEL EURO エナージェルユーロ 0.35』:

« 県民性に関する本たち | トップページ | ペンも色々 »

Twitterほか

  • 楽天市場
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アマゾンプライム
  • Gamboo(ギャンブー)
    デルカへ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ