« 日本人の特徴であり弱みとは?① | トップページ | コロッケそばが熱い »

2011年12月18日 (日)

万年筆を買ってみました。2011年12月

こんにちは。

久しぶりのブログ更新です。

もうしわけありません。プライベートで色々とあり、更新する気力を失っていました。

さて、最近は万年筆に興味しんしんです。

きっかけは、

セブンイレブンで買った、プラチナ万年筆のpreppy(プレーピー)でした。

以前、安い万年筆もってたのですが、それもこのpreppyと同じステンレスタイプのペン先でした。

万年筆の良いところの一つはボールペンのように押し付けるのではなく、滑らせて書くあの感覚だと思っています。紙にペン先をつけるとジワッとインクが移るけれど広がらないってのが好きです。

ボールペンはどうしてもその構造から「押し付けて転がす」必要がありますが、万年筆は滑らせればよいのでストレスが少なくてすみます。私の場合、古傷で右手首がすぐに痛くなるのでストレスなく書けるってのが重要になります。

万年筆を使ってみようと思われる方は、入門としてはやっぱりペン先がステンレス製がいいですよね。

なぜかというと、若いころペン先の繊細をわからず使うと無理に力をかけて不具合がおきてしまうからです。

安くてもペン先が金のタイプは7000円くらいはしますから、いきなり買っても使いこなせないと思います。

理想は、はじめに一本ステンレスタイプを買って、書き手の力加減でペン先がしなるものだと理解してから金ペンに行くのが良いのではないでしょうか。

その意味では、安いものを宛名書きとして一本。←これは、何にでも使うという感覚で。

Preppy

その後14金のタイプを持つのがおすすめです。

私の場合”セーラー プロフィットST”でした。↓

細字で多少カリカリとした書き味ですが、金ペンらしいしなやかさがあってこそなのかなと思います。

Photo

最近、雑誌についていた付録のペンを入手しましたが、普通にかけるレベルですが、書き始めインクが紙にのらないとかあるかもしれないので注意が必要です。

私の買ったのははじめインクのノリが悪くガリガリとしてましたが、書き続けていく間に良くなって来ました。でも、はじめの一文字目はどこかで試し書きしてからになります。

あと、やはりステンレス製のペン先なので、しなやかさは期待できません。

それを理解した腕で使うのならば使用に耐える一本だと思います。

Goods_press


« 日本人の特徴であり弱みとは?① | トップページ | コロッケそばが熱い »

SAILOR / セーラー 万年筆」カテゴリの記事

万年筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550020/53510807

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆を買ってみました。2011年12月:

« 日本人の特徴であり弱みとは?① | トップページ | コロッケそばが熱い »

Twitterほか

  • 楽天市場
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アマゾンプライム
  • Gamboo(ギャンブー)
    デルカへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ